BLOG by F.E.L

MIXの工夫と禁じ手の解除

こんばんは、黒ビールに少々ハマっているF.E.Lです。
なんだかんだでギネスビールが(お高いけど)美味しい気がする…


今回は、新曲のInner Accelerationで実践した技術的な事を、自分なりに3つ書きます。
最近めっきり飲みなどではこういう話ができる機会がないので、
マニアックトーク欲を発散させて下さい!m(_ _)m

1:MIXのやり方の変更 その壱
様々な環境でひたすら聴いて直しての繰り返しを徹底して行う事
に今までよりも重点を置きました。
意識したのは昨年の夏からです。
作品で言えば、三澤秋さんに提供させて頂いた「陽だまりの花」以降です。
MIXに関するツールは最近Audio Interfaceを変えた以外、
Logic Proに移行してから特に変えていません。

具体的には…
======
モニタスピーカー(YAMAHA)
リスニングスピーカー(JBL)
モニタ用ヘッドホン(beyerdynamic)
リスニングイヤホン(Sony)
ノートPC備え付けのスピーカー
======
以上5つの環境で、
参考曲(今回はRasmus Faber/BT/Beat Portのランキング内の数曲)
と比較しながら聴き比べ、MIXのバランスをとって行きました。
環境を変えると目立つ音が変わるので、
優秀なMIXの曲と比較するとアラが発見しやすい気がしています。
これをひたすら気長に繰り返しました。
逆に言えば、
MIXを行っている期間は僕の周りで鳴っている音楽は基本的に同じ曲な訳です。
端から見れば順調に変態に近づいているに違いない!

2:MIXのやり方の変更 その弐
EQとコンプをいじる前に、
パートにアサインさせている音源の
ゲイン、ADSRやカットオフ、レゾナンスを見直す
様にしました。
どうにもMIXが上手くいかなくて、ふと思い立ち、弄ってみるとなんとまぁ。
特定のパートのアタックを少し遅くするだけで、
キックの輪郭が見える様になったり、効果絶大です。
音の出力の根っこから正すのが、綺麗なやり方だと実感しました。

今まで難しそうであんまりこの辺は深入りしていなかったんですが、
ちゃんとすべきだなと自覚しました><

3:禁じ手の解除
飛び道具を惜しみなく使用してみました。
少し前まで、ループ素材やSEを使うのに抵抗がありました。
リバースシンバルやワンショット素材は抵抗無く使っていたのですが…
(それでも必要に応じて時々、SEはコッソリ使っていましたが)

ライブの中で盛り上がりや雰囲気を変える、
「一発の音の響き」を実感した事が元で、
曲の中で意味が持たせる事ができる使い方なら、
どんな音でもどんどん使ってみれば良い

と思える様になりました。
そういうわけでInner Accelerationでは冒頭から
ビュンビュン飛び道具が出現します!070.gif

なんとも偉そうに書き上げてしまいました。

きっと凄腕の音楽人から見れば基本的な事ばかりかもしれませんが、、、
これが誰かのお役に立つのなら、嬉しい限りです。
しかし今になって聞き返してみると、
まだMIXやり直したい部分が見えたりします(汗)
[PR]



by fel_music | 2012-04-03 20:23 | 音楽活動報告

音楽活動報告や日常生活のブログ。HPはこちら http://www.fel-music.net/
by fel_music
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログパーツ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧